ミノキシジル配合の育毛剤による育毛効果は?

育毛剤でも海外の製品に良く配合されているミノキシジルですが、育毛、発毛に効果のある成分としてミノキシジルがあります。

 

ミノキシジルは有名な成分ですので、御存知の方も多いでしょう。このミノキシジルの育毛効果はどういったものかを考えてみます。

 

育毛剤で配合されているミノキシジルは元々血圧降下剤として研究されていた

ミノキシジルはそもそも血圧降下剤として研究が進められていた成分です。

 

血圧降下剤としては血管を拡張する作用があることが注目されていたのですが、臨床試験時に発毛や育毛の副作用があったことから、育毛剤や発毛剤として開発が進められた成分となります。

 

血管拡張効果があると言うことで、頭皮に塗布するタイプ、経口タイプなどがあります。
特に頭皮に塗布するタイプの育毛剤の方が多いと言えます。

 

ミノキシジルによる血管拡張作用が育毛に良い

そもそも頭皮というのは毛細血管が細く、栄養素が行き渡りにくい場所でもあります。
頭皮に栄養素が行き渡らなくなることから、髪の毛が細くなってしまって、きちんと成長しにくくなってしまいます。
また、髪の毛や頭皮と言うのは、人間が生きていくのに優先度が低いことから、そもそも栄養が行き渡りにくい場所でもあるので、ミノキシジルを使うことによって血管を拡張して、血流の促進をすることは育毛や発毛の効果が期待出来ます。
血流が促進されることによって、髪の毛の成長に必要となる栄養素や酸素が充分に運ばれるようになります。
ヘアサイクルにおける休止期が短くなるといったことがあり、成長期にある髪の毛もしっかりと成長させることが出来るようになります。
特にミノキシジルは頭頂部の発毛や育毛に効果を発揮するとされていて、男性型脱毛症の改善にも良く用いられる成分だと言えるでしょう。

 

ミノキシジルと飲む育毛剤プロペシアの併用が効果的

近年では、ミノキシジルと飲む育毛剤とされるプロペシアを併用することで相乗効果があるとされていて、男性型脱毛症の治療に用いられる成分としてはポピュラーです。

 

ミノキシジルの副作用としては、痒みが起こってしまったり、火照ってしまったり、などのことが起こるようですね。
効果のある成分だけに多少の副作用があっても、使用しているといった人も多いので、興味のある人にはお勧めです。配合量では5%など高濃度に配合されているのも海外の製品ではあります。また日本で販売されているリアップx5も5%の濃度で配合されています。やはり抜け毛対策をしたい方でも高濃度に配合されていると効果は出やすい傾向がありますが、体質などにも関係するのでしっかり頭皮に合ったのを選んでみてくださいね。

ミノキシジルのデメリットは?

育毛、発毛の効果があるという成分の中でも代表的なものが、ミノキシジルですね。
プロペシアに含まれるフィナステリドと同じくらいに有名な成分ですので、実際に利用しているという人も多いのではないでしょうか?

 

ここではミノキシジルのデメリットについて少し紹介してみます。

 

ミノキシジルのデメリットとしては、外すことができないのが副作用ですね。
ミノキシジルは直接的に毛髪に効果を発揮するといった成分ではなく、血管を拡張する成分であり、頭皮の毛細血管を拡張することによって育毛や発毛の促進する効果を持っています。
つまり、間接的に髪の毛を増やしていく成分となります。
この血管の拡張作用があるということで、血圧については充分に気をつけておく必要があります。
そもそもミノキシジルは血圧降下剤として開発が進められていたものですので、低血圧の方などは使用するのに充分注意しておきたいですね。
ミノキシジルと言っても、経口タイプと頭皮に塗布するタイプがありますので、低血圧の人がミノキシジルを使いたいのなら頭皮に塗布するタイプを選ぶようにしましょう。

 

ミノキシジルの副作用として多毛症がある

ミノキシジルの副作用として、多毛症といったものがあります。
髪の毛にのみ効果があるといったものではなく、体毛そのものが濃くなってしまうということもあるのは注意しておきたい副作用です。

 

意図しない場所の体毛が濃くなってしまうと言うことで、ヒゲが濃くなってしまったり、腕や足の毛が濃くなってしまうことがあるので、体毛を気にする人は注意しておきましょう。

 

また、皮膚にも血管の拡張作用がでることもあり、皮膚への影響が強くなってしまうことで、皮脂の分泌も促進されてしまいます。

 

皮脂が多く分泌されることによって、ニキビの原因となってしまったり、肌トラブルの原因となることもあります。
頭皮の皮脂が多く分泌されてしまうと、脂漏性の頭皮トラブルも起こりやすくなってしまい、かえって育毛効果を阻害することもあるので、注意しておきたいですね。

めにゅー

 

めにゅー

ページの先頭へ