オリーブオイルの効果が絶大

オリーブオイルはその名の通りから摂れる植物油です。オリーブオイルは身体に良いとよく聞きますがどのような効果が期待できるのでしょうか?
脂質はホルモンや細胞膜、角膜などをつくり、臓器の機能維持などを支える重要な栄養素であり、主に油からの摂取が必須になります。しかし油には身体に良いものと悪いものがあります。オリーブオイルは体に良い油として区分されるので、脂質の摂取を目的として、身体のつくりそのものを支える効果が期待できます。
その他にも健康維持の役割としての付加価値も沢山あるので、解説していきたいと思います。

小腸の動きを良くして、快便効果になる。
オリーブオイルにはオレイン酸が主成分としてあります。
オレイン酸には小腸を刺激する効果があり、便秘の改善につながります。腸の運動を活発にして便通を良くしてくれます。
また、便を柔らかくして、潤滑油のような役割まで果たすので、排便をスムースに促します。
小腸には食物の吸収や免疫力を高めてくれる役割があるので、オリーブオイルの摂取はとても重要で効果的と言えます。

また、胃酸の分泌を調整する効能もあります。これもオレイン酸が関係しています。
オリーブオイルは消化に負担をかけにくく、胃酸の逆流を防ぐ役目をしています。
そのため胃もたれや胸焼けを抑えて、胃炎や逆流性食道炎などの予防にも有効です。
食べ過ぎに加え、消化に悪い食べ物を摂ることが胃酸が逆流原因となりますので、なるべくオリーブオイルと合わせての食事が良いでしょう。

オリーブオイルには血圧を下げる働きもあります。
オレイン酸には、善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールだけを減らすという効果があります。そのため、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐ働きもあります。
まとめるとオリーブオイルは非常に効果があり、主成分のオレイン酸が最も重要な働きをしていることが分かりました。
オレイン酸はオリーブオイル以外にもアーモンドやくるみなどのナッツ類にも多く含まれていますので、積極的に摂取してみてください。

成長期の子どもには雲のやすらぎプレミアムが必須!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です