卵殻膜エキスはもてはやされているけれど、どんな効果があるのかきちんと知ってる?

卵殻膜エキスが騒がれるようになって少し時間が経ちましたが、ここできちんと復習しておきたい。

それは……

どんな効果があるのか

ということ。

評判の成分だからってなんにでも効果がある訳ではなく、これこれに効果がありますよ! というものが当然ある。

それが何かということだ。

もし、なんにでも効果が合ったらそれは魔法の成分で、グラム単価も恐ろしいことになる。

そもそもコスメの成分としてなんか使えないだろう。

話は逸れたが、卵殻膜エキスだ。

卵殻膜エキスの効果は……

角質層水分量増加による保湿作用
皮膚弾力改善による抗老化作用

である。

保湿に関しては、『加水分解卵殻膜の組成がヒトケラチンのアミノ酸組成と似ている』ということが理由で効果がでる。

親和性が高く、検証でも実際に水分量の増加が認められている。

抗老化作用に関しては、『繊維萌芽細胞の活性化を促す』からだ。

繊維萌芽細胞は真皮にある細胞だが、これがコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といったお肌のハリや弾力に関係する成分を産生するため抗老化作用があるとされている。

卵殻膜エキスによる繊維萌芽細胞の顕著な増加も検証で証明されており、効果があることはあきらかである。

が、問題はここからだ。

この効果がきちんとわかっていれば、卵殻膜エキス配合のアイテムを選んだ時に失敗する確率はグッと減らすことができる。

自分のお肌悩みと卵殻膜エキスの効果を合わせて考えれば、効果があるのかないのかを事前にある程度判別することができるからだ。

これは肌とアイテムの相性の問題ではなく、悩みの原因と成分の効果の問題なのだから。

しかし、現実には悩みの原因と成分の効果がそもそも合っていないのに、アイテムに効果がないとする口コミも多く見る。

スキンケアアイテムとは、まず悩みの原因と成分の効果が合っていて、はじめて効果が出る。

そこまでいって、はじめてアイテムの良し悪しも語れる。

そして、ここからさらにお肌の相性とアイテムの相性の問題になってくるのだ。

気に入ったアイテムがあって、それが自分に合っているのかどうかをみたいならば、最低限悩みの原因と成分の効果は合わせておかなくてはならない。

これは、卵殻膜エキスだけにかぎった話ではないが、卵殻膜のアイテムの口コミを見ていてよく感じたことだ。

ビューティーオープナージェル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です