猫は耳と尻尾で自分の気持ちを伝えている

猫の感情は巣に似合わられるのが耳と尻尾です。
このあたりを知っていれば、猫の気持ちもグッとわかりやすなります。

猫は人間の言葉になんか興味はありませんが、飼い主には自分の気持ちを全身で表してきます。
特に耳や尻尾は意思表示の塊出wす。
ですから猫とコミュニケーションをとりたいと考えているのは猫ではなく飼い主である人間のほうですから、このみみと尻尾には関心を持ってください。

猫の尻尾はおしゃべりです
猫の尻尾を観察してみてください、。
たとえば猫のしっぽがピンと上に立てて身体をこすりつけてきたら・・・
これは
「ご飯 まだぁ?」
と催促の合図です。
最初の頃は名前を呼べば「ニャーオ」と返事をしてすり寄ってきた猫でも、飼い主との付き合いが長くなってくると面倒になってきます。
名前を飛んで返事をするのは尻尾をぴくッとさせるだけになりあmす。
それでも猫からすれば
「ハイハイ、なんですか?」
という返事でもあるのです。
まあ、何度も猫の名前を呼ぶと、
「うるさいニャアー」
と尻尾を2~3回振ったりうしまう。
さらに呼び続けると
尻尾を左右に大きくパタンパタンと降り始めます。
これは
「うるさい!あんまりしつこいと怒るいよ!もぉ」という感じの意思表示です。
また相手を威嚇する時は尻尾の毛まで逆立てて普段の3倍くらいの太さになる時もあります。

耳が横に広がっている時は緊張や警戒している時に良くする動作です。
耳を後ろに伏せている時は攻撃モードの時です。
飼い主とじゃれついている時でも、なにか飼い主の足にでもちょっと本気で攻撃を仕掛ける時はいつも耳が後ろに引いて伏せられています。

猫の耳と尻尾を観察するだけでもかなり猫の気持ちがわかりやすくなります。
ふだんから愛猫の耳と尻尾には気を配ってみてください。
猫波いつもいきままで人間の気持ちなどは理解しようとしません。
ですから人間のほうから猫の気持ちは察してあげなくてはいけないのです。
このあたりは猫によっても、また猫の種類によっても陣差があります。
こんな時はこんな尻尾と耳のサインが出ていた
そんな経験の積み重ねが愛猫とのツーカーの中になるコツでもあります。
【にゃんがーどの口コミ】クソ高い値段の価値は本当にあるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です