おじいちゃんやおばあちゃんの心の変化

おじいちゃんやおばあちゃん
そんなお年寄りの心はだんだん変化しチェ行きあmす。
そのあたりもしかり理解しておじいちゃんやおpばあちゃんと付き合っていかなくてはいけません。

■おじいちゃんやおばあちゃんは過去に生きる傾向にある
年齢を重ねるごとに身体のあちこちが悲鳴を上げてガタが来てしまいあmす。
高齢に案ればだれもがひとつやふたつ持病を抱えています。
そんな心も身体も弱ってくると将来のことよりも元気で過ごした過去に心を寄せる傾向委が出てきても仕方ありません。
かけがえのないそんな経験が支えとなって今の暗しがあるのですが、この傾向も度を越してくると新しいことに拒絶反応を起こしがちになります。

おじいちゃんやおばあシャンの経験や知識が現在の生活に役になっていることを実感させるためにも
おばあちゃんに料理のやり方を教わったり
おじいちゃんの趣味に付き合ってあげたり
そんなことでおじいちゃんやおばあちゃんは自信を取り戻し前向きになります。
意欲を引き出すのは子供や孫たちの協力が不可欠なんです。

資格ん保守性が強くなる
おじいちゃんやおばあちゃんはどうしても変化を嫌います。
それは新しい環境に慣れることが難しくなってきて、それが若い世代の子供や孫との断絶にもつながりかねません。
子供や孫はそんなおじいちゃんやおばあちゃんの頑固さや変化を嫌うことをある程度は諦めなkぇればなりません。
それが老人というものなのです。
おじいちゃんやおばあちゃんの考え方や流儀をある程度は尊重してあげましょう。
それが今の時代の流れとは違っていてもです。
おじいちゃんやおばあちゃんに学ぶ気持ちでsでっするように心がけましょう。

■不安感や恐怖感が強まる

自分の身体の心配
死への恐怖
経済的不安
配偶者の死や認知症
おじいちゃんやおばあちゃんはそんな厳しい現実に不安や恐怖感が募ってきます。

余り品コムに鵜考えないように友人たちとの交流や、子供や孫がたとえそれが愚痴であっても良い聞き役となって少し腕も不安を取り除くように接してあげましょう。
親 退院祝い プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です