テントに付いているロープは何のためにあるの?

ドーム型テントはインナーテントをすっぽりと覆うフルフライシートが主流です。
細いポールを組み立てて作ります。
通常3本から6本
多いモノはもっとたくさんのロープが付属でついてきます。

フルフライシートをセットし、出入り口となる前後には、前室の空間を確保するために数本のペグを打ち込みますから前後方向の風にはある程度まで補強の役割を果たします。
しかし左右の風には比較的弱いので、ペグを打って補強します。


インナーとフライシートの間の空間は、フライシートの内側に発生する結露からインナーを守る役割がありあmす。
フライシートは両面とも防水や撥水加工が施されて万全ですが、特にインナーテントは極薄素材で作られていて
さらに風通しを優先して撥水加工だけの商品も多いです・

二層になったテントの場合はフライシートの内側に必ず結露が発生してしまいます。
これは内側と外側との温度差により自然現象なので防ぎようがありません。
ですから、決色からインナーを守るためにこの空間を各尾するので済ん。

ロープの本数が多いテントはメインポールにセットして風邪から本体を守ります。
メインポールで支えるフライシートに3角形カバーがあり、その中に「gyろいめっとが獲りるけられています。
ここからロープの先端を入れてうちがwのメインポールに結びます。
このロープをペグでしっかりと留めて
前後左右の風
斜め祝子ぷの風邪
にも強度を発揮してくれます。

数あるロープのうち、特に2本が重要な役割を果たしています。
この2本のロープは二つの役割があります。
ひとつは横風に対する補強
もうひとつはインナーフライシートの間の空間確保です。

メインポールの4か所とサイドの2か所にロープを張って補強しましょう。

強い風が吹くとアルミニウムのメインポールは簡単に曲がってしまいます。
左右にロープを張って補強するだけでかなりう効果があります。

強い雨が降った時にはフライのサイドのロープを張っておかないと雨の勢いでフライシートが押しつぶされることもあります。
インナーテントにくっついて内側の結露の影響を受けます。
カースルテント 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です