老夫婦で夫に先立たれた妻の生活はかなり厳しい

一般的なデータとして男性よりも女性のほうが10年近く平均寿命が長いものである。
また一般的には妻のほうが年下というケースがほとんどである。
つまり、老夫婦の場合 夫を見送った後の妻のひとりでの暮らしが長いのである。
現に60歳以上の単身者率は男性が14%程度なのになんと女性は50%を超えているのです。

ですから父親が亡くなり母親だけが残された場合のことを子供は考えておかなければいけません。

父親が亡くなった場合、忘れてはならないのが母親の国民年金の保険料のことです。
夫が厚生年金加入者の場合、妻は国民年金の保険料は払わなくても大杼部です。
しかし、夫の死によってこの資格が無くなりあmす。
この時に妻が60歳未満で年金加入期間が40年未満だと妻自身が保険料を支払わなければならなくなります。

子供がいる妻が受け取れる遺族基礎年金は80万円+子供裕千につき23万円。
また寡婦年金がもらえるのは遺族基礎年金をもらえなかった妻で、夫が年金を受けていなかったことを条件に、妻が60歳から65歳の間受け取ることができます。
ただこれも朗レ基礎年金の3/4で約60万円しかありません。

ということは、夫が自営ぎょいうで子供が18歳以上の未亡人の場合は60歳から65歳までの間は役670ま年しかもらえないのです。
しかも、もし夫がすでに年金を受給していている時に亡くなったらこの寡婦年金さえも無くなってしまいます。
ただ妻が65歳になると自らの老齢基礎年金として満額の場合は80ま年程度は支給されます。

このように夫に先立たれた妻。
つまり残されたお母さんの生計はかなり苦しいものになることを知っておきましょう。
特にお父さんが自営業だった場合はなおさらです。

同居している位のならまだしも、遠く離れて暮らしている子供と母親ならば親がどんな姓あkつをしているかなんてなかなかわかりません。
お金の話はたとえ親子でもなかなかしにくいものですが、いあzという時に慌てないためには親子でお金のことも話し合っておくことをおすすめします。
ミライスピーカー 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です