寝たきりになれば認知症や心不全になりやすい

親が亡くなるのは仕方ない・・・
それは悲しいけれど子供は覚悟しなければなりあs面。
でも、問題なのはそれまで親がどんな状態でいるか?かもしれません。
どんな親でも高齢になれば介護が必要になります。
そこで親が亡くなる前の「要介護」の状態は?
そしてその期間は?
子供からすれば考えておかなければなりらないことでもありあmす。

親が亡くなる直前、その期間に個人差はありますが要介護の状態になるのは仕方ありません。
ある意味、旅経つための準備期間ともいえます。
しかしこの準備期間
思いのほか子供が大変な思いをすることになることがあります。
それは親が「寝たきり」の状態になることです。
死ぬ直前は約80%に人が寝たきりの状態になると言われています。
問題はその期間です。
厚生労働省の調査では寝たきりの期間は
1年未満 27%
1年~3年 24%
3根に上 49%
となっています。
なんと約半分が寝たきりの状態を3年以上続けているのです。

ピンピンコロリが一番良い最期といわれているのに現実はかなり異なっています。

寝たきりの状態が引き起こす機能の低下に
筋肉の萎縮
があります。
本来使われているべきさまざまな心身機能が使われないことでさびついていく「廃用症候群」と呼ばれています。

この廃用症候群では
運動機能の低下
全身機能の低下
さらには
精神機能の低下
があります。

精神機能の低下
すなわち地方(認知症)です。
寝たきりの期間が長期間に及ぶと、自立しようとする意欲がどんどん薄れていきます。
それがどんどん認知症の世界へとい親を導いていってしまいます。
最期に自分のことも
そして子供のことも忘れてしまうのはとても悲しいですよね。

寝たきりになるきっかけは些細なことから始まることも少なくありません。
家の中で転倒して骨折
風邪をこじらせて肺炎
などなどそんな些細なことがきっかけで寝たきりになることも少なくないのです。

高齢の親が寝たきりにならないように細心の注意を払っておく。
それが子供からすれば最後に見送るために大切なことでもあるのです。
カイポケ 利用料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です