眠りながら綺麗な肌を作る美肌睡眠法とは

「睡眠不足はお肌の大敵」
これはみなさんごぞんじなのではないでhそうか?
嗣明不足だと顔色も和うrくなりますし、顔にむくみが出て毛穴も開きやすかったりしています。

しかも、睡眠はその時間の長さだけではなくその質にも大きく影響しています。
いくら長い時間眠っていても、その眠りが浅いのもいけないのです。

さらに寝る時間帯も重要です。
よく言われるのがいわゆる午後10時から午前2時までのゴールデンタイムです。
この時間帯に一番成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンがお肌のターンオーバー
つまりお肌の新陳代謝の生まれ変わりを促進するのです。
この時間帯にはしっかり眠っておくことでお肌がは新陳代謝がうまくいき、できてしまったメラニンなども排出hしていくのです、

この成長彫りうもんはス三人い入ってから約30分から1時間くらいにやってくる最初の深い眠りの時に市場の奥分泌されます。
ですyからmおはんだのことを考えるとこのゴールデンタイムと就寝時刻を考慮していきましょう。
井大人になると子供の時よりも成長ホルモンにお分泌がどんどん減っていくので、できるだけこの時間帯を有効活用したいものです。
ですから深い眠りにつく打点に終始なm、絵のコーヒーなどカフェインを摂ることは控えましょう。
またスマホやパソコンの画面から出るグルーライトも覚醒作用があるので、寝る前のスマホいじりもできるだけ控えることをおすすめしますy。
美肌のためにも質の良い睡眠をとるようにすることを心がけなければいけません。

美肌のための睡眠は一朝一夕にはできません。
だからこそ眠りのルーテョーンを自分なりに確立しておきましょう。
自分なりのスムーズに眠りにつけるリズムを作っておけば、美肌の維持にはとても大切なことなのです。

眠りながら綺麗な肌を作る美肌睡眠法とは、より良い睡眠の「時間」と「質」を高めることなのです。
だからこそ今は睡眠の質がとても注目されています。
腰痛 マットレス 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です